『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=266438)

EID=266438EID:266438, Map:0, LastModified:2013年8月6日(火) 10:16:42, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): (英) ANZBMS (日) (読) [継承]
名称 (必須): (英) Young Investigator Award, 2012 (日) (読) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.プロテオミクス医科学部門.生体制御医学講座.生体情報内科学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
3.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.生体材料工学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
受賞者 (必須): 1.渡邉 佳一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Mori H (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.天知 良太 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.日浅 雅博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Harada T (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Fujii S (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.藤井 園苗 (特定非営利活動法人 ゼロ・ウェイストアカデミー)
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Miki H (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Miki H (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Kagawa K (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Endo I (日) (読)
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.松本 俊夫
学籍番号 (推奨):
[継承]
テーマ (必須): (英) The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions  (日)    [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 9月 5日 (平成 24年 9月 5日) [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Watanabe K, Abe M, Mori H, Amachi R, Hiasa M, Harada T, Fujii S, Nakamura S, Miki H, Kagawa K, Endo I, Tanaka E, Matsumoto T. The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions. ANZBMS Young Investigator Award, Sep 2-5, 2012.  (日) Australian and New Zealand Bone and Mineral Society (ANZBMS)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, H Mori, 天知 良太, 日浅 雅博, T Harada, S Fujii, 藤井 園苗, H Miki, H Miki, K Kagawa, I Endo, 田中 栄二, 松本 俊夫 : The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions, Young Investigator Award, 2012, ANZBMS, 2012年9月.
欧文冊子 ● Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, Sonoe Fujii, H Miki, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : The cathepsin K inhibitor KK1-300-01 prevents bone destruction and resumes bone formation in myeloma osteolytic lesions, Young Investigator Award, 2012, ANZBMS, Sep. 2012.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.62, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.