『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=265636)

EID=265636EID:265636, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:33:46, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.生産システム講座 [継承]
2.岡山県立大学 [継承]
著者 (必須): 1.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Watanabe Tomio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) ARM-COMS: Arm-supported embodied communication monitor system  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Remote communication systems are getting popular these days, which makes it possible to enjoy audio/video communication over the network in high quality. However, remote communication using these systems is still not identical to face-to-face meeting due to several reasons which are still open issues. This study focuses on two of the issues. One is lack of tele-presence and the other one is lack of connection in communication. In order to tackle these issues, this study proposes an idea of connecting remote individuals through augmented tele-presence systems called ARM-COMS: ARm-supported eMbodied COmmunication Monitor System. ARM-COMS is composed of a desktop robotic arm and a tablet PC which is attached to it. The tablet PC presents audio/video images of a remote person just as typical video conference. However, ARM-COMS controls the physical movement of the tablet PC during the video conference to be consistent with physical motion of the remote participant as if the remote person were there and behaved in a face-to-face conversation. ARM-COMS also considers the meaningful physical position in space to show the connection with other person or topics. The tablet PC approaches to the speaking person as if embodied communication occurs. This paper shows the idea of ARM-COMS and presents some of the on-going work of the study to show the feasibility of the idea.  (日) 遠隔通信システムは,それが可能な,高品質でネットワーク上のオーディオ/ビデオ通信を楽しむことができます,これこのごろ人気を集めている.しかしながら,これらのシステムを使用してリモート通信は,まだオープンな問題である,いくつかの理由にまだ対面する会議をしないと同じです.この研究は,問題の2に焦点を当てています.一つは,テレプレゼンスの欠如であり,他方は,通信における接続性の欠如である.アームサポートされている具体化通信モニターシステム:これらの問題に取り組むために,本研究では,ARM-COMS呼ば増強テレプレゼンスシステムを介してリモート個人を結ぶというアイデアを提案している. ARM-COMSデスクトップロボットアームと,それに取り付けられたタブレットPCで構成されている.タブレットPCは,リモート人だけのような典型的なビデオ会議のオーディオ/ビデオ画像を提示する.しかし,ARM-COMSは,リモート人がいたと対面会話に振る舞っているかのように,ビデオ会議中にタブレットPCの物理的な動きは,リモート参加者の物理的な運動と一致するように制御します. ARM-COMSは,他の人やトピックとの接続を表示するように空間に意味のある物理的な位置を考慮します.タブレットPCは,具現化通信が発生した場合のように話す人に近づく.本稿では,ARM-COMSの考えを示しており,アイデアの実現可能性を示すために,研究の進行中の作業のいくつかを紹介します.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Splinger-Verlag, Berlin Heiderberg (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Lecture Notes in Computer Science (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): HIMI/HCII 2013, Part III [継承]
(必須): LNCS 8018 [継承]
(必須): 307 316 [継承]
都市 (必須): (英) Las Vegas, NV, U.S.A. (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 7月 24日 (平成 25年 7月 24日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Teruaki Ito and Tomio Watanabe : ARM-COMS: Arm-supported embodied communication monitor system, Lecture Notes in Computer Science, Vol.HIMI/HCII 2013, Part III, No.LNCS 8018, 307-316, Las Vegas, NV, U.S.A., July 2013.
欧文冊子 ● Teruaki Ito and Tomio Watanabe : ARM-COMS: Arm-supported embodied communication monitor system, Lecture Notes in Computer Science, Vol.HIMI/HCII 2013, Part III, No.LNCS 8018, 307-316, Las Vegas, NV, U.S.A., July 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.81, Max(EID) = 382216, Max(EOID) = 1020972.