『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=26437)

EID=26437EID:26437, Map:0, LastModified:2013年2月4日(月) 14:58:14, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座 [継承]
著者 (必須): 1.吉田 憲一
役割 (任意): (英)   (日) 解析,実験,考察,総括   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.堀川 敬太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.坂巻 清司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Boron Additives on Acoustic Emission Behavior during Tensile Deformation of Ni-Al Intermetallic Compounds  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,Ni3Al金属間化合物の引張特性とAE挙動のおよぼすボロン添加の影響を検討した.ボロン添加すると,固溶強化によって276 MPa/at.%boronの割合で降伏応力の上昇をもたらすとともに,AE挙動もまた活発になった.AEイベント発生率は,降伏点近傍および加工硬化領域で2つのピークを示した.延性の上昇によって,このAE発生源は微視き裂の発生とは考えにくく,転位の不均一運動によるものと断定され,降伏域では,ボロン原子と運動刃状転位との相互作用を含む運動転位のボロン原子によるドラッグ効果に起因していることが明らかにされた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本非破壊検査協会 [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of The 16th International Acoustic Emission Symposium (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 15 22 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 11月 12日 (平成 14年 11月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenichi Yoshida, Keitaro Horikawa and Kiyoshi Sakamaki : Effect of Boron Additives on Acoustic Emission Behavior during Tensile Deformation of Ni-Al Intermetallic Compounds, Proceedings of The 16th International Acoustic Emission Symposium, 15-22, Tokushima, Nov. 2002.
欧文冊子 ● Kenichi Yoshida, Keitaro Horikawa and Kiyoshi Sakamaki : Effect of Boron Additives on Acoustic Emission Behavior during Tensile Deformation of Ni-Al Intermetallic Compounds, Proceedings of The 16th International Acoustic Emission Symposium, 15-22, Tokushima, Nov. 2002.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.57, Max(EID) = 377926, Max(EOID) = 1011309.