『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=264169)

EID=264169EID:264169, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 14:05:59, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[丹黒 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 坂本 晋一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.梶浦 耕一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.滝沢 宏光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.中川 靖士
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 池田 真由美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 古川 尊子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 森本 雅美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 西野 豪志 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.後藤 正和 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.中川 美砂子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.山本 洋太
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.古北 由仁
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.武知 浩和
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.吉田 光輝 ([徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.川上 行奎 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域外科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16.田所 由紀子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17.先山 正二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
18.近藤 和也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
19.坂東 良美 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
20. (英) (日) 岡崎 弘泰 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
21.後東 久嗣
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
22.西岡 安彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
23.丹黒 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) Erlotinibでinduction therapyを行ったIIIA期非小細胞肺癌の1手術例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) (日) Carcinoembryonic Antigen(血液) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 徳島医学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 四国医学雑誌 ([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699)

ISSN (任意): 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 68 [継承]
(必須): 5-6 [継承]
(必須): 251 256 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2012年 5月 初日 (平成 24年 5月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40019553441/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40019553441 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 110365 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) %D: 2012  (日)    [継承]
2.(英)   (日) %O: 原著論文/症例報告/日本語   [継承]
3.(英)   (日) %X: 41歳男.検診にて胸部異常陰影を指摘され受診した.CEAの高値を認めた.胸部CTでは,左下葉S8に35×33mmの腫瘍を認め,#11と#7リンパ節が腫大していた.PET-CTでは,原発巣のSUVmaxは7.4,#11リンパ節は3.4,#7リンパ節は9.6であった.気管支鏡下生検で左S8の腫瘍は腺癌と診断し,EGFR遺伝子変異を認めた.IIIA期非小細胞肺癌と診断した.エルロチニブの内服を開始した.CEAは継時的に漸減し,投与42日目には正常範囲内となった.投与45日目の胸腹部CTでは腫瘍は縮小した,RESIST:PRと判断した.胸腔鏡補助下に手術を行った.術後経過は良好で,合併症なく12日目に退院した.EGFR遺伝子変異を術後も認めたため,術後30日目より術後療法としてエルロチニブの内服を開始し,現在も投与継続中である.術後5ヵ月で再発兆候は現在認めていない.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 坂本 晋一, 梶浦 耕一郎, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 池田 真由美, 古川 尊子, 森本 雅美, 西野 豪志, 後藤 正和, 中川 美砂子, 山本 洋太, 古北 由仁, 武知 浩和, 吉田 光輝, 川上 行奎, 田所 由紀子, 先山 正二, 近藤 和也, 坂東 良美, 岡崎 弘泰, 後東 久嗣, 西岡 安彦, 丹黒 章 : Erlotinibでinduction therapyを行ったIIIA期非小細胞肺癌の1手術例, 四国医学雑誌, Vol.68, No.5-6, 251-256, 2012年.
欧文冊子 ● 坂本 晋一, Koichiro Kajiura, Hiromitsu Takizawa, Yasushi Nakagawa, 池田 真由美, 古川 尊子, 森本 雅美, 西野 豪志, Masakazu Goto, Misako Nakagawa, Yota Yamamoto, Yoshihito Furukita, Hirokazu Takechi, Mitsuteru Yoshida, Yukikiyo Kawakami, Yukiko Tadokoro, Shoji Sakiyama, Kazuya Kondo, Yoshimi Bando, 岡崎 弘泰, Hisatsugu Goto, Yasuhiko Nishioka and Akira Tangoku : Erlotinibでinduction therapyを行ったIIIA期非小細胞肺癌の1手術例, Shikoku Acta Medica, Vol.68, No.5-6, 251-256, 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.00, Max(EID) = 362780, Max(EOID) = 970360.