『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=26388)

EID=26388EID:26388, Map:0, LastModified:2005年2月11日(金) 14:14:35, Operator:[平野 朋広], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[平野 朋広], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Furuya, Kazuhiro (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.妹尾 真紀子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.佐藤 恒之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Radical Polymerization of Diisopropyl Itaconate as Studied by 13C NMR and ESR Spectroscopies  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) イタコン酸ジイソプロピルのラジカル重合のESR測定と得られたポリマーの13C NMR測定を行い,ESRスペクトル中で観測された2種類のコンホメーションの異なるラジカルと末端近傍の立体規則性との関係を明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Kyoto (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 12月 2日 (平成 14年 12月 2日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tomohiro Hirano, Kazuhiro Furuya, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Radical Polymerization of Diisopropyl Itaconate as Studied by 13C NMR and ESR Spectroscopies, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2002.
欧文冊子 ● Tomohiro Hirano, Kazuhiro Furuya, Makiko Seno and Tsuneyuki Sato : Radical Polymerization of Diisopropyl Itaconate as Studied by 13C NMR and ESR Spectroscopies, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2002.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.71, Max(EID) = 383369, Max(EOID) = 1024701.