『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=26322)

EID=26322EID:26322, Map:0, LastModified:2018年4月17日(火) 20:52:42, Operator:[上田 哲史], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上田 哲史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座 [継承]
3.高度情報化基盤センター (2002年4月1日〜2010年6月30日/->組織[徳島大学.情報センター]) [継承]
著者 (必須): 1.高坂 拓司 (中京大学)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.上田 哲史 ([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 数値計算,論文執筆指示   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.川上 博
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Abe Minoru (日) 安倍 稔 (読) あべ みのる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Implementation and Analysis of a Simple Circuit Causing Border-Collision Bifurcation  (日) Border-collision 分岐を呈する簡素な回路の実現と解析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) ecently, a new type of bifurcation phenomena called Border-Collision (abbr. BC) bifurcation has been discovered for one or two-dimensional one-parameter families of discrete-time systems. A skewed tent map is the simplest model exhibiting the BC bifurcation and the existence of break point (undifferentiable point) in the map is an essential for BC bifurcation. In some continuous systems, BC bifurcation is also confirmed. In particular, many interesting bifurcation phenomena including BC bifurcation are observed in the power electronic systems. Since power electronic circuits with current or voltage feedback have wide industrial ap plications, indeed, theoretical and experimental analysis in such systems are very important in practical point of view. In this paper, we propose a system interrupted by own state and a periodic interval, and show that the system has much variety of bifurcation phenomena, including BC bifurcation. To analyze properties of the dynamics, we derive a one-dimensional map explicitly. We show some theorem and the regions of periodic solution within two parameter space. Some of theoretical results are verified by laboratory experiments.  (日) 本論文では,一 般的 なハイブリッドシステムの解析 に向けた第一歩 として(14), リター ンマ ップが 直接skew tent mapの 形 状 とな り,パ ラ メータの変化によ りBC分 岐によるカオスを呈する最 も簡 素な電気回路 を提案 し,周 期解の性質を解析する.まず状 態がキャパシタ電圧のみで記述 され, RC回 路の抵抗 をス イッチで切 り替える発振器を提案する.このスイッチに状 態依存型断続特性,さ らにクロックパルスによる時刻依存 型断続特性をも持 たせ ることにより周期解 を発生 させ,ま たリターンマ ップ上に折点を作 り,不 変空間内に折 り畳み, 引き延ば し過程を作 ることも可能 となる. ここで時刻依存 型断続特性は,ス イッチの切り替え条件として反映させる ため微分方程式には陽に現れない.本回路は簡単な1次 元 力学系で記述されるため,厳 密解を用いて1次 元リターン マップを導出す ることは容易である. また, BC分 岐の条 件を厳密に導出し, 2次 分岐図として示す.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Border-Collision bifurcation (日) Border-Collision分岐 (読) [継承]
2. (英) Return map (日) リターンマップ (読) [継承]
3. (英) Bifurcation diagram (日) 分岐図 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌) ([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)

ISSN (任意): 0385-4221
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 122-C [継承]
(必須): 11 [継承]
(必須): 1908 1916 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2002年 11月 1日 (平成 14年 11月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10010454276/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 10010454276 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 高坂 拓司, 上田 哲史, 川上 博, 安倍 稔 : Border-collision 分岐を呈する簡素な回路の実現と解析, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.122-C, No.11, 1908-1916, 2002年.
欧文冊子 ● Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Minoru Abe : Implementation and Analysis of a Simple Circuit Causing Border-Collision Bifurcation, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.122-C, No.11, 1908-1916, 2002.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.53, Max(EID) = 371884, Max(EOID) = 994237.