『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=26291)

EID=26291EID:26291, Map:0, LastModified:2013年2月4日(月) 14:58:13, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座 [継承]
著者 (必須): 1.堀川 敬太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.吉田 憲一
役割 (任意): (英)   (日) 解析,考察,総括   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.坂巻 清司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Acoustic emission due to the intergranular fracture of Al-Mg-Si base alloys  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,T4処理後に175°C-0.5hの時効を行ったAl-Mg-Ni合金の低ひずみ速度(10-6 s-1)引張試験中のAE挙動を調べ,環境脆化との関係を検討した.破断時に検出されたRMS電圧の大きさから環境脆化で生じる試験片表面部付近の粒界破壊の程度を推定することが可能であり,低ひずみ速度で試験すると,粒界への水素集積とともに,破断前の塑性変形後期において粒界割れの形成に起因するRMS電圧の上昇が得られた.これによって,自動車用に使用される当該合金の実用上の注意点が指摘された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. of the 25th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2002) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 239 246 [継承]
都市 (必須): (英) Prague (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 9月 11日 (平成 14年 9月 11日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keitaro Horikawa, Kenichi Yoshida and Kiyoshi Sakamaki : Acoustic emission due to the intergranular fracture of Al-Mg-Si base alloys, Proc. of the 25th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2002), Vol.1, 239-246, Prague, Sep. 2002.
欧文冊子 ● Keitaro Horikawa, Kenichi Yoshida and Kiyoshi Sakamaki : Acoustic emission due to the intergranular fracture of Al-Mg-Si base alloys, Proc. of the 25th European Conference on Acoustic Emission Testing (EWGAE-2002), Vol.1, 239-246, Prague, Sep. 2002.

関連情報

Number of session users = 17, LA = 0.77, Max(EID) = 378073, Max(EOID) = 1011629.