『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=262744)

EID=262744EID:262744, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:37:56, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部 (2006年4月1日〜) [継承]
2.大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Dani Yuniawan (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Constructivistic learning method with simulation to increase classroom engagement  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) It is reported that the constructivistic learning method (CLM) enhances the understanding of the students in the learning process, especially in engineering classes. In CLM-based classes, the students can take the initiative in the learning process, which is called the student-centered model of the learning process. This is different from the traditional learning method based on the teacher-centered model, where a teacher plays the central role in the learning process of students. The authors have applied the method of CLM to one of the Engineering classes, namely production planning and inventory control (PPIC) class for undergraduate students. The PPIC class provides multimedia-based study materials and factory visits as well as regular lecture sections to cover the whole subject of inventory control theory and practice. In the review sessions, students are divided into several groups, and question-and-answer discussions were actively carried out among these groups under the support of the teacher as a facilitator. It was observed that the student engagement in the class was very active compared to the conventional lecture-based classes. As for further support of students understanding on the subject, simulation-based materials are also under study for the class. This paper presents the review of case study of CLM-based PPIC class and discusses the feasibility of simulation-based study materials for further improvement of the class.  (日) これはconstructivistic学習法(CLM)は,特にエンジニアリングのクラスで,学習過程における学生の理解を高めることが報告されている. CLMベースのクラスでは,学生が学習過程の学生中心のモデルと呼ばれる学習過程における主導権を取ることができます.これは,教師が生徒の学習過程において中心的な役割を果たしている教師中心モデルに基づく従来の学習方法とは異なる.著者は,エンジニアリングクラス,学部学生のための,すなわち生産計画と在庫管理(PPIC)クラスのいずれかにCLMの方法を適用した. PPICクラスは,在庫管理の理論と実践の全体の主題をカバーするために,マルチメディアベースの学習教材や工場見学だけでなく,定期的な講義のセクションを提供します.検討会では,学生はいくつかのグループに分割され,質疑応答の議論は活発にファシリテーターとしての教師の支援の下で,これらのグループの間で行われた.これは,クラス内の生徒の係合は,従来の講義ベースのクラスと比較して非常に活性であったことが観察された.被写体に理解学生のさらなる支持に関しては,シミュレーションベースの材料には,クラスのための調査の下でもある.本稿では,CLMベースPPICクラスのケーススタディの見直しを提示し,クラスの更なる向上のためのシミュレーションベースの学習教材の実現可能性を論じている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Korean Society for Engineering Education (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Journal of Engineering Education Research (日) (読)
ISSN (任意): 1985-7012 [継承]
[継承]
(必須): 15 [継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 54 59 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2012年 9月 末日 (平成 24年 9月 末日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yuniawan Dani and Teruaki Ito : Constructivistic learning method with simulation to increase classroom engagement, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, 54-59, 2012.
欧文冊子 ● Yuniawan Dani and Teruaki Ito : Constructivistic learning method with simulation to increase classroom engagement, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, 54-59, 2012.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.35, Max(EID) = 363208, Max(EOID) = 972299.