『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=262552)

EID=262552EID:262552, Map:0, LastModified:2013年5月13日(月) 11:29:19, Operator:[永廣 信治], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[永廣 信治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.木内 智也
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 北里 慶子 (読) きたざと けいこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.島田 健司 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域脳神経外科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.松下 展久
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 岡﨑 敏之 (読) おかざき としゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.住吉 学
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.永廣 信治
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 卵巣摘出ラットにおけるピオグリタゾンの脳虚血領域での神経再生促進効果について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第37回日本脳卒中学会総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 福岡 (Fukuoka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 4月 26日 (平成 24年 4月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 木内 智也, 北里 慶子, 島田 健司, 松下 展久, 岡﨑 敏之, 住吉 学, 永廣 信治 : 卵巣摘出ラットにおけるピオグリタゾンの脳虚血領域での神経再生促進効果について, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月.
欧文冊子 ● Tomoya Kinouchi, 北里 慶子, Kenji Shimada, Nobuhisa Matsushita, 岡﨑 敏之, Manabu Sumiyoshi and Shinji Nagahiro : 卵巣摘出ラットにおけるピオグリタゾンの脳虚血領域での神経再生促進効果について, 第37回日本脳卒中学会総会, April 2012.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.88, Max(EID) = 363090, Max(EOID) = 971931.