『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=260803)

EID=260803EID:260803, Map:0, LastModified:2018年3月7日(水) 11:01:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Takanishi Shunji (日) 高西 春二 (読) たかにし しゅんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Uno Kohji (日) 宇野 宏司 (読) うの こうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Nishi Yuuta (日) 仁志 祐太 (読) にし ゆうた
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
題名 (必須): (英) INVESTIGATION OF DAMAGE AND ITS ACTION OF THE WATER UTILITIES BY THE HEAVY RAIN DISASTER IN RECENT YEARS  (日) 近年の豪雨災害による水道事業者の被災とその対応調査   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In recent years, we encountered extensive damage from natural disasters such as the severe rainstorms in the Niigata/Fukushima region in 2004 and 2011, severe rainstorm in Sayo Town, Hyogo Prefecture in 2009, and severe rainstorm in the Kii Peninsula caused by typhoon No.12 in 2011. In addition to the damages to housing and human lives, these storms caused major economic damage by flooding various places such as offices, hospita ls, public facilities, and essential utilitie s. In this study, cases of disaster- affected areas are investigated by focusing on water utilities, which significantly affect the length of the restoration period for other businesses, because they are located along rivers and prone to flood damage. The study discusses the aftermath and issues that water utility operators experience from flood damage and suggests the need for a Business Continuity Plan (BCP) as well as proactive measures that water util- ity operators should envision.  (日) 近年では,2004年および2011年の新潟・福島豪雨災害,2009年の佐用町豪雨災害,2011年の台風12号による紀伊半島豪雨災害などによる甚大な被害が発生している.これら洪水では,家屋・人的被害に加えて,各種事業所や病院,公共施設,ライフライン等が浸水のために大きな経済被害を被っている.そこで本研究では,沿川に立地しているために洪水被害を受けやすく他事業の復旧期間に大きく影響する『水道事業』に着目し,被災事例を調査した.浸水被害が水道事業者にもたらす影響と課題について考察するとともに,BCPの必要性と水道事業者が想定すべき事前対策等について提案する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) flood disaster (日) (読) [継承]
2. (英) business continuity (日) (読) [継承]
3. (英) damage of water supply utilities (日) (読) [継承]
4. (英) flood risk (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 68 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 130 137 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2013年 1月 30日 (平成 25年 1月 30日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/68/2/68_I_130/_pdf [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.68.I_130    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130004560136 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 高西 春二, 中野 晋, 宇野 宏司, 仁志 祐太 : 近年の豪雨災害による水道事業者の被災とその対応調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.68, No.2, 130-137, 2013年.
欧文冊子 ● Shunji Takanishi, Susumu Nakano, Kohji Uno and Yuuta Nishi : INVESTIGATION OF DAMAGE AND ITS ACTION OF THE WATER UTILITIES BY THE HEAVY RAIN DISASTER IN RECENT YEARS, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.68, No.2, 130-137, 2013.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.66, Max(EID) = 376448, Max(EOID) = 1008205.