『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=260793)

EID=260793EID:260793, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:37:26, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部 (2006年4月1日〜) [継承]
2.大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Mohamad Effendi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Mohd Rizal Salleh (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Noor Aniza Nordin (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Simulation study towards productivity improvement for assembly line  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) To compete in an ever growing manufacturing environment, companies have to improve their productivity. This study describes the improvement activities of a Malaysian company, using a line balancing technique. Using a process simulation approach, this paper compares the performance of the production model by a material handling operator solution. The feasibility of this solution is also discussed.  (日) 成長を続ける製造環境で競争するために,企業は生産性を向上させる必要があります.この研究は,ラインバランシング技術を使用して,マレーシアの会社の改善活動を説明しています.プロセスシミュレーション手法を使用して,本稿では,マテリアルハンドリング·オペレーター·ソリューションにより,生産モデルの性能を比較します.この解決策の実現可能性についても議論されている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Journal of Human Captals Development (日) (読)
ISSN (任意): 1985-7012 [継承]
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 59 69 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2012年 12月 末日 (平成 24年 12月 末日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Effendi Mohamad, Teruaki Ito, Salleh Rizal Mohd and Nordin Aniza Noor : Simulation study towards productivity improvement for assembly line, Journal of Human Captals Development, Vol.5, No.2, 59-69, 2012.
欧文冊子 ● Effendi Mohamad, Teruaki Ito, Salleh Rizal Mohd and Nordin Aniza Noor : Simulation study towards productivity improvement for assembly line, Journal of Human Captals Development, Vol.5, No.2, 59-69, 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 364217, Max(EOID) = 975607.