『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=260016)

EID=260016EID:260016, Map:0, LastModified:2013年2月25日(月) 15:22:41, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学 [継承]
著者 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Asymptotic Variance Analysis of Bias Compensated State Space Model Identification Method  (日) バイアス保証型部分空間同定法の漸近的分散解析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Based on the analysis of asymptotic variance in bias compensated state space model identification(BCSS) method, PI-MOESP method and PO-MOESP method are compared under the condition that there are no common poles in plant model and noise model. It is shown that there is a possibility that PI-MOESP method gives better performance than PO-MOESP and a numerical example is given to show such case.  (日)    [継承]
キーワード (推奨): 1.推定 (estimation) [継承]
2. (英) (日) バイアス補償 (読) ぱいあすほしょう [継承]
3.分散分析 (analysis of variance) [継承]
発行所 (推奨): システム制御情報学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第55回自動制御連合講演会 (読) だいごじゅうごかいじどうせいぎょれんごうこうえんかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 32 35 [継承]
都市 (必須): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 11月 17日 (平成 24年 11月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 池田 建司 : バイアス保証型部分空間同定法の漸近的分散解析, 第55回自動制御連合講演会, (巻), (号), 32-35, 2012年11月.
欧文冊子 ● Kenji Ikeda : Asymptotic Variance Analysis of Bias Compensated State Space Model Identification Method, 第55回自動制御連合講演会, (巻), (号), 32-35, Nov. 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 373285, Max(EOID) = 998648.