『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=259851)

EID=259851EID:259851, Map:0, LastModified:2014年11月18日(火) 17:18:13, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安陪 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Tsuda Akiko (日) 津田 明子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.安陪 晋 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.河野 文昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Lavigne Gilles (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Influence of the Orofacial Pain and Sleep Quality according to Sleep Bruxism: A case study  (日) 睡眠時ブラキシズムが起床時の顎顔面痛や睡眠の質に及ぼす影響についての研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 日本総合歯科協議会総会・学術大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 27 27 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2012年 12月 1日 (平成 24年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 津田 明子, 安陪 晋, 河野 文昭, Gilles Lavigne : 睡眠時ブラキシズムが起床時の顎顔面痛や睡眠の質に及ぼす影響についての研究, 日本総合歯科協議会総会・学術大会, Vol.5, 27, 2012年12月.
欧文冊子 ● Akiko Tsuda, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Gilles Lavigne : Influence of the Orofacial Pain and Sleep Quality according to Sleep Bruxism: A case study, 日本総合歯科協議会総会・学術大会, Vol.5, 27, Dec. 2012.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.71, Max(EID) = 373312, Max(EOID) = 998819.