『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=259073)

EID=259073EID:259073, Map:0, LastModified:2016年4月18日(月) 20:13:33, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Akiyama Takamasa (日) 秋山 孝正 (読) あきやま たかまさ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Impact Analysis of Eco-Commuting Promotion Plan with Multi Agent Simulation  (日) マルチエージェントシミュレーションによるエコ通勤促進策の影響分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The global warming problem by greenhouse gas emission has become more serious. Also in the transportation section, construction of the sustainable transportation system in environment has been an important subject. Not only improvement of service level of modes except private vehicle, but also consciousness for environmental problem of individual trip maker is important for eco-commuting promotion. Eco-consciousness would be changed by influence of other person. The multi agent simulation system for planning of eco-commuting promotion is developed with social interaction model for eco consciousness in the study. Modal shift is modeled by considering the result of a transport social experiment for ecocommuting as reference. Influence of promotion plan such as improvement of service level of public transport, promotion of individual eco consciousness and strengthening interaction of individuals can be analyzed with the proposed model. Finally, it can be concluded that the proposed multi agent simulation with social interaction for eco-consciousness is useful for planning of eco-commuting promotion.  (日) 地球温暖化問題が深刻化しており,運輸部門においても環境的に持続可能な交通システムの構築は喫緊の課題となっている.エコ通勤の促進のためには,自動車利用を除く交通手段のサービス水準向上だけでなく,交通行動者の環境問題に対する意識(エコ意識)が重要となる.このエコ意識は,他者の影響により変動するものと考えられる.本研究では,エコ意識に関する局所的相互作用を考慮し,エコ通勤促進策を検討するためのマルチエージェントシミュレーションモデルを構築する.ここでエコ通勤促進のための交通社会実験結果を参考として,交通手段転換をモデル化する.このシミュレータを用いて各種エコ通勤促進策の効果を計測し,その影響について分析する.これよりエコ通勤促進策の検討に関して,エコ意識とその局所的相互作用を考慮する重要性を示す.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) multi agent simulation (日) (読) [継承]
2. (英) social interaction (日) (読) [継承]
3. (英) environmental consciousness (日) (読) [継承]
4. (英) transport modal shift (日) (読) [継承]
5. (英) greenhouse gas emission reduction (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集D3(土木計画学) ([社団法人 土木學會])
(eISSN: 2185-6540)

ISSN (任意): 2185-6540
ISSN: 2185-6540 (eISSN: 2185-6540)
Title: 土木学会論文集D3(土木計画学)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): D3-68 [継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): I_625 I_634 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2012年 12月 28日 (平成 24年 12月 28日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130004559735/ [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejipm.68.I_625    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130004559735 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : マルチエージェントシミュレーションによるエコ通勤促進策の影響分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.D3-68, No.5, I_625-I_634, 2012年.
欧文冊子 ● Masashi Okushima and Takamasa Akiyama : Impact Analysis of Eco-Commuting Promotion Plan with Multi Agent Simulation, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management), Vol.D3-68, No.5, I_625-I_634, 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.51, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008315.