『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=258442)

EID=258442EID:258442, Map:0, LastModified:2012年11月16日(金) 14:46:16, Operator:[宇都 義浩], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宇都 義浩], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門 (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.堀 均
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) beta-Galactosidase treatment is common modification method of three major subtypes of Gc protein to GcMAF in vivo  (日) β-ガラクトシダーゼ処理はGcタンパク質の3つの主なサブタイプをGcMAFに変換できる共通の糖鎖修飾法である   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 71th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association (日) 第71回日本癌学会学術総会 (読) にほんがんがっかいがくじゅつそうかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 札幌 (Sapporo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 9月 19日 (平成 24年 9月 19日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : beta-Galactosidase treatment is common modification method of three major subtypes of Gc protein to GcMAF in vivo, 71th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), Sep. 2012.
欧文冊子 ● Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : beta-Galactosidase treatment is common modification method of three major subtypes of Gc protein to GcMAF in vivo, 71th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), Sep. 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 361616, Max(EOID) = 967827.