『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=258431)

EID=258431EID:258431, Map:0, LastModified:2017年2月24日(金) 10:41:07, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.古北 由仁
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.後藤 正和 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 西野 豪志 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 福井 康雄 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 谷木 利勝 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 堀見 忠司 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A case of appendiceal mucinous cystadenoma with high serum carcinoembryonic antigen level on which laparoscopic ileocecal resection was performed  (日) 高癌胎児性抗原(CEA)血症を伴う虫垂粘液嚢胞腺腫の1例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 虫垂 粘液 嚢胞 腺腫 (読) [継承]
2. (英) CEA (日) (読) [継承]
3. (英) (日) 腹腔鏡 手術 (読) [継承]
発行所 (推奨): 南江堂 [継承]
誌名 (必須): 外科 ([南江堂])
(pISSN: 0016-593X)

ISSN (任意): 0016-593X
ISSN: 0016-593X (pISSN: 0016-593X)
Title: 外科
 (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 73 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 648 652 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2011年 6月 初日 (平成 23年 6月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40018847910/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40018847910 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 古北 由仁, 後藤 正和, 西野 豪志, 福井 康雄, 谷木 利勝, 堀見 忠司 : 高癌胎児性抗原(CEA)血症を伴う虫垂粘液嚢胞腺腫の1例, 外科, Vol.73, No.6, 648-652, 2011年.
欧文冊子 ● Yoshihito Furukita, Masakazu Goto, 西野 豪志, 福井 康雄, 谷木 利勝 and 堀見 忠司 : A case of appendiceal mucinous cystadenoma with high serum carcinoembryonic antigen level on which laparoscopic ileocecal resection was performed, Surgery, Vol.73, No.6, 648-652, 2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 362800, Max(EOID) = 970568.