『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=258286)

EID=258286EID:258286, Map:0, LastModified:2014年12月7日(日) 14:58:01, Operator:[任 福継], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松本 和幸], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として研究手法の提案および実験,論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として評価実験結果の分析の一部を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.任 福継 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として実験結果の考察の一部を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Emotion Estimation from Sentence Using Relation between Japanese Slangs and Emotion Expressions  (日) 感情表現と若者言葉の関係を活かした文の感情評価   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Most of Japanese slang words such as Wakamono Kotoba are analyzed as unknown word or segmented wrongly by the morphological analysis system. These problems are causing negative effect on sentiment analysis in text. These words generally have many varieties of notations and conjugations, and they lack versatility. As a result, many of them are not registered in the dictionaries, making morphological analysis more difficult. In this paper, we aimed to decrease such negative effects of Wakamono Kotoba for the accuracy of emotion estimation from sentence and proposed a method to increase the accuracy by using a classification method based on machine learning. In this method we used emotional expressions which had high relevance with Wakamono Kotoba as feature. As a result, the proposed method obtained 20% higher accuracy than the method only using morpheme Ngram as feature.  (日) 本論文では,日本語俗語(若者言葉)を含んだ発話文の感情を推定するために,若者言葉を特徴とした感情推定手法を提案する.低頻度の若者言葉においては,コーパスを用いた機械学習による感情推定では,特徴としては有効ではないため,Webから自動収集したコーパスにおいて低頻度若者言葉と同一の文に出現する感情表現を素性として用いることを検討する.本手法により,単純な形態素N-gramを素性として用いた場合よりも20%の精度改善が認められた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Emotion Corpus (日) (読) [継承]
2. (英) Japanese Slang (日) (読) [継承]
3. (英) Out of Vocabulary (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) 26th Pacific Asia Conference on Language,Information and Computation (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of 26th Pacific Asia Conference on Language,Information and Computation (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 377 384 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2012年 11月 7日 (平成 24年 11月 7日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Kenji Kita and Fuji Ren : Emotion Estimation from Sentence Using Relation between Japanese Slangs and Emotion Expressions, Proceedings of 26th Pacific Asia Conference on Language,Information and Computation, 377-384, (都市), Nov. 2012.
欧文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Kenji Kita and Fuji Ren : Emotion Estimation from Sentence Using Relation between Japanese Slangs and Emotion Expressions, Proceedings of 26th Pacific Asia Conference on Language,Information and Computation, 377-384, (都市), Nov. 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.12, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.