『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=258160)

EID=258160EID:258160, Map:0, LastModified:2017年2月14日(火) 11:41:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.保健科学部門.医用情報科学講座.医用理工学 (2008年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.長篠 博文
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.ダネッシュ アリ ([Florida Atlantic University])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.パンディア アビジット ([Florida Atlantic University])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A neuronal network model with STDP for tinnitus management process by sound therapy  (日) 耳鳴り発生とその音響療法治療過程のホメオスタシス可塑性を用いた神経細胞回路モデル   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1.耳鳴り (tinnitus) [継承]
2.音響療法 (sound therapy) [継承]
3.神経回路モデル (neural network model) [継承]
4.可塑性 (plasticity) [継承]
5.ホメオスタシス可塑性 (homeostatic plasticity) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集 (電気関係学会四国支部連合大会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 253 253 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 9月 29日 (平成 24年 9月 29日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 長篠 博文, 木内 陽介, ダネッシュ アリ, パンディア アビジット : 耳鳴り発生とその音響療法治療過程のホメオスタシス可塑性を用いた神経細胞回路モデル, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 253, 2012年9月.
欧文冊子 ● Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh and Abhijit S. Pandya : A neuronal network model with STDP for tinnitus management process by sound therapy, Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, 253, Sep. 2012.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.64, Max(EID) = 374826, Max(EOID) = 1004520.