『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=258109)

EID=258109EID:258109, Map:0, LastModified:2012年11月3日(土) 11:51:13, Operator:[重永 章], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[重永 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): (英) The Japanese Peptide Society (日) 日本ペプチド学会 (読) [継承]
名称 (必須): (英) The Young Investigator Award of The Japanese Peptide Society (日) 日本ペプチド学会奨励賞 (読) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.創薬資源科学部門.機能分子創製学講座.機能分子合成薬学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.薬学部.創製薬科学科.創薬学講座.機能分子合成薬学 (2006年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.薬学研究科 (2004年4月1日〜) [継承]
受賞者 (必須): 1.重永 章
学籍番号 (推奨):
[継承]
テーマ (必須): (英) Development of stimulus-responsive amino acids and their application to peptide based chemical biology  (日) 刺激応答型アミノ酸の開発とペプチド機能制御への展開   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 11月 7日 (平成 24年 11月 7日) [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 重永 章 : 刺激応答型アミノ酸の開発とペプチド機能制御への展開, 日本ペプチド学会奨励賞, 日本ペプチド学会, 2012年11月.
欧文冊子 ● Akira Shigenaga : Development of stimulus-responsive amino acids and their application to peptide based chemical biology, The Young Investigator Award of The Japanese Peptide Society, The Japanese Peptide Society, Nov. 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.20, Max(EID) = 393846, Max(EOID) = 1066630.