『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25795)

EID=25795EID:25795, Map:0, LastModified:2005年3月18日(金) 17:33:40, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Okamura Hirokazu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.森 健
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Viscoelastic Property of Thermosensitive Poly(methyl 2-propionamidoacrylate)  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 新規感熱応答性高分子であるポリプロピオンアミドアクリル酸メチル(PMPA)を合成し,その水溶液の温度応答を可視光透過率および動的粘弾性測定によって調べた.PMPAは純水中で相分離を示す中性の感熱応答性高分子であり,温度分散条件下で相分離温度よりわずかに低温の溶解状態で疎水性相互作用に起因するネットワーク構造を過渡的に形成することが分かった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 39th IUPAC International Symposium on Macromolecules (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Beijing (China) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 7月 7日 (平成 14年 7月 7日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hirokazu Okamura, Keiji Minagawa, Takeshi Mori, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Viscoelastic Property of Thermosensitive Poly(methyl 2-propionamidoacrylate), 39th IUPAC International Symposium on Macromolecules, (巻), (号), (頁), Beijing (China), July 2002.
欧文冊子 ● Hirokazu Okamura, Keiji Minagawa, Takeshi Mori, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Viscoelastic Property of Thermosensitive Poly(methyl 2-propionamidoacrylate), 39th IUPAC International Symposium on Macromolecules, (巻), (号), (頁), Beijing (China), July 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.34, Max(EID) = 359741, Max(EOID) = 963404.