『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25758)

EID=25758EID:25758, Map:0, LastModified:2007年6月22日(金) 16:08:33, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
4.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 杉本 卓司 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.村上 仁士
役割 (任意): (英)   (日) 計画,資料分析,総括指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意): (英)   (日) 数値計算,考察補佐を担当   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.倉田 健悟 ([島根大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 高知県宇佐における歴史津波の人的被害発生メカニズムに関する考察   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 土佐市における歴史津波における人的被災に至る記述を津波の数値シミュレーションで再現し,被災発生のメカニズムを証明した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 歴史地震 ([歴史地震研究会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 16 [継承]
(必須): 194 202 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 1日 (平成 12年 3月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 杉本 卓司, 村上 仁士, 上月 康則, 倉田 健悟 : 高知県宇佐における歴史津波の人的被害発生メカニズムに関する考察, 歴史地震, (巻), No.16, 194-202, 2000年.
欧文冊子 ● 杉本 卓司, Hitoshi Murakami, Yasunori Kozuki and Kengo Kurata : 高知県宇佐における歴史津波の人的被害発生メカニズムに関する考察, Historical Earthquakes, (巻), No.16, 194-202, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.42, Max(EID) = 382712, Max(EOID) = 1022125.