『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=256900)

EID=256900EID:256900, Map:0, LastModified:2018年3月15日(木) 14:03:42, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松本 和幸], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として研究手法の提案および論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Tsubasa Onishi (日) 大西 翼 (読) おおにし つばさ
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として実験データの整理および分析を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として実験結果の考察の一部を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.任 福継 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として研究総括を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Construction and Analysis of Scenario Dialogue Emotion Corpus  (日) シナリオ対話感情コーパスの構築と分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 従来,言語・音声・画像といった情報からの感情推定を目的とした研究が多くの研究者によって行われてきたが,感情を表面的な情報から得るには限界がある.この理由として,感情は内在的な反応であるため,表情や行動を伴わないことも多いことがあげられる.しかし,発話者同士が親密な関係であればある程,感情の変化に伴う相手の言葉遣いの微細な変化に気付くことがある.このような言葉遣いの細やかな変化を検出できれば,対話における感情推定精度を向上できる可能性がある.徳久らは,発話文の文末表現に着目したが,言葉遣いの細やかな変化は,文末表現のみに表れるものではないと考えられる.たとえば,相手が普段使用しないような単語や慣用句を使用する場合でも,何かしら相手の心境の変化を察することもある.本研究では,話者の発話時における感情と,発話役割や文体との関係を調べる準備段階として,対話を記述したコーパスに感情,発話役割,文体タグの付与を行なった.このコーパスを分析することで,相手発話のどのような要素が影響して感情が変化するかを考察する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) シナリオコーパス (読) [継承]
2. (英) (日) 対話処理 (読) [継承]
3. (英) (日) 感情推定 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 242 243 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2012年 9月 4日 (平成 24年 9月 4日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松本 和幸, 大西 翼, 北 研二, 任 福継 : シナリオ対話感情コーパスの構築と分析, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)講演論文集, Vol.2, 242-243, 2012年9月.
欧文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Onishi Tsubasa, Kenji Kita and Fuji Ren : Construction and Analysis of Scenario Dialogue Emotion Corpus, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)講演論文集, Vol.2, 242-243, Sep. 2012.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.77, Max(EID) = 376362, Max(EOID) = 1008076.