『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=256111)

EID=256111EID:256111, Map:0, LastModified:2014年12月2日(火) 21:08:45, Operator:[芥川 正武], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[芥川 正武], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Kusumoto Satoshi (日) 楠本 悟史 (読) くすもと さとし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.榎本 崇宏 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.岡久 稔也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Shono Koichi (日) 庄野 弘一 (読) しょうの こういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.Abeyratne Udantha (The University of Queensland)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.小中 信典
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Vealuating bowel activity before-after administration of a drug via bowel sound analysis  (日) 腸蠕動音解析による薬剤投与前後の腸活動評価   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome : IBS)は腸の活動が活発になり下痢を引き起こすことが知られている.現在,確定診断のためには大腸内視鏡検査が必要であるが,患者にとっては苦痛を伴う.腸蠕動音(Bowel sound : BS)は腸活動の変化に応じて変化することが予想される.そこで,本研究では電子聴診器を用いて測定したBSから腸活動が評価できるかどうかを検討する.腸蠕動音促進剤服用前後において,BSの基本周波数と腸活動との関係が比較検討される.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 111 [継承]
(必須): 121 [継承]
(必須): 37 39 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2011年 7月 8日 (平成 23年 7月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110008800111 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 楠本 悟史, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 庄野 弘一, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 : 腸蠕動音解析による薬剤投与前後の腸活動評価, 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会, Vol.111, No.121, 37-39, 2011年7月.
欧文冊子 ● Satoshi Kusumoto, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Koichi Shono, Udantha R. Abeyratne, Masatake Akutagawa, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi : Vealuating bowel activity before-after administration of a drug via bowel sound analysis, 電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会, Vol.111, No.121, 37-39, July 2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.72, Max(EID) = 372532, Max(EOID) = 996366.