『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25366)

EID=25366EID:25366, Map:0, LastModified:2005年2月28日(月) 09:57:35, Operator:[浮田 浩行], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Toubou Takeshi (日) 当房 武志 (読) とうぼう たけし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Sawada Koutarou (日) 澤田 耕太郎 (読) さわだ こうたろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.小西 克信
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 固有空間法による三次元物体の認識について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 複雑な情景からある特定の物体を見付け出すという技術は,ロボットビジョンなどの分野において実用的価値は非常に高い.そこで本研究では,複雑な背景から対象物体を見付け出す手法として,固有空間法により圧縮された学習データと入力画像との類似度を算出することにより認識を行う手法について述べる.さらに,物体の一部が欠けている画像に対して,画像を小ブロックに分割して階層的に小ブロックの類似度を求め,これを積算する手法についても検討した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会.中国四国支部 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 中国四国支部第36期総会·講演会講演論文集 (読) ちゅうごくしこくしぶそうかいこうえんかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 985-1 [継承]
(必須): 201 202 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1998年 3月 10日 (平成 10年 3月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 当房 武志, 澤田 耕太郎, 浮田 浩行, 小西 克信 : 固有空間法による三次元物体の認識について, 中国四国支部第36期総会·講演会講演論文集, (巻), No.985-1, 201-202, 1998年3月.
欧文冊子 ● Takeshi Toubou, Koutarou Sawada, Hiroyuki Ukida and Katsunobu Konishi : 固有空間法による三次元物体の認識について, 中国四国支部第36期総会·講演会講演論文集, (巻), No.985-1, 201-202, March 1998.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 375096, Max(EOID) = 1005157.