『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25341)

EID=25341EID:25341, Map:0, LastModified:2014年10月29日(水) 14:30:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験,考察,記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.小西 克信
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意): 10 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Recovering 3D shape of Unfolded Book Surface from a Scanner Image using Eigenspace Method  (日) 固有空間法を用いた書籍表面の3次元形状復元   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,固有空間法を用いることによって,スキャナ画像中の陰影情報から,開いた書籍表面の3次元形状を復元する問題を扱う.この方法では,あらかじめいくつかの陰影および形状プロフィールデータを取得し,データ量を削減するため,固有空間に保存する.陰影および形状固有空間中において,局所的な線形補間法を仮定することによって,陰影プロフィールから書籍表面は復元される.形状復元における精度を高めるため,線形補間法において近似誤差を考慮する.さらに,プロフィールデータの自由度を削減するため,高速フーリエ変換を用いて,位置不変なプロフィールへと正規化する.実験では,模型および実際の書籍を用いた形状復元を行い,スキャナ画像中の幾何学的·光学的歪みを取り除くことが可能であることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 徳島大学.工学部 [継承]
誌名 (必須): 徳島大学工学部研究報告 ([徳島大学.工学部])
(pISSN: 0371-5949)

ISSN (任意): 0371-5949
ISSN: 0371-5949 (pISSN: 0371-5949)
Title: 徳島大学工学部研究報告
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 45 [継承]
(必須):
(必須): 51 60 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 4月 1日 (平成 12年 4月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110001069236/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110001069236 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 浮田 浩行, 小西 克信 : 固有空間法を用いた書籍表面の3次元形状復元, 徳島大学工学部研究報告, Vol.45, (号), 51-60, 2000年.
欧文冊子 ● Hiroyuki Ukida and Katsunobu Konishi : Recovering 3D shape of Unfolded Book Surface from a Scanner Image using Eigenspace Method, Bulletin of Faculty of Engineering, The University of Tokushima, Vol.45, (号), 51-60, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.66, Max(EID) = 375096, Max(EOID) = 1005157.