『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25333)

EID=25333EID:25333, Map:0, LastModified:2014年10月29日(水) 14:30:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 小林 弘之 (読) こばやし ひろゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 荒木 俊貴 (読) あらき としたか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小西 克信
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 2自由度フレキシブルアームの軌道追従制御   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) フレキシブルアームはロボットアームの軽量化を目的としたものであり,その軌道追従制御問題はこれまでに多数の研究者によって取り扱われたが,最大の問題は軌道追従の目的と振動制御の目的とをどのようにして両立されるかである.この問題に対する近似解として,本稿では運動方程式の3変数近似,ペイロード加速度の直接に制御できる方向とそうでない方向への分解,弾性変形に対する目標値の導入,軌道追従トルクと弾性変形制御トルクの剛性という方法を提案している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会.中国四国支部 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 中国四国支部第37期総会·講演会講演論文集 (読) ちゅうごくしこくしぶだい きそうかい こうえんかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): No. 995-1 [継承]
(必須):
(必須): 279 280 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1999年 3月 8日 (平成 11年 3月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 小林 弘之, 荒木 俊貴, 小西 克信, 浮田 浩行 : 2自由度フレキシブルアームの軌道追従制御, 中国四国支部第37期総会·講演会講演論文集, Vol.No. 995-1, (号), 279-280, 1999年3月.
欧文冊子 ● 小林 弘之, 荒木 俊貴, Katsunobu Konishi and Hiroyuki Ukida : 2自由度フレキシブルアームの軌道追従制御, 中国四国支部第37期総会·講演会講演論文集, Vol.No. 995-1, (号), 279-280, March 1999.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.13, Max(EID) = 374812, Max(EOID) = 1004458.