『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25326)

EID=25326EID:25326, Map:0, LastModified:2014年10月29日(水) 14:30:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 冨田 浩樹 (読) とみた ひろき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察,記述指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小西 克信
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) オプティカルフローと距離情報の統合による複数移動物体の追跡   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 視覚を用いた物体追跡は,自律移動車の移動やヒューマンインターフェースなど様々な応用に必要な技術である.本研究では,オプティカルフローと距離情報を統合して,複数移動する物体を追跡する手法について検討する.フレーム間差分により得られた特徴点について,テンプレートマッチングを行いフローベクトルを求める.しかし,フローベクトルだけでは,重なり合った物体に対しての識別が困難である.そこでステレオカメラから得られる距離情報を利用し,重なり合った物体に対しての追跡を可能にする手法について検討する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会.中国四国支部 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 中国四国支部第38期総会·講演会講演論文集 (読) ちゅうごくしこくしぶだい きそうかい こうえんかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): No. 005-1 [継承]
(必須):
(必須): 173 174 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 7日 (平成 12年 3月 7日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 冨田 浩樹, 浮田 浩行, 小西 克信 : オプティカルフローと距離情報の統合による複数移動物体の追跡, 中国四国支部第38期総会·講演会講演論文集, Vol.No. 005-1, (号), 173-174, 2000年3月.
欧文冊子 ● 冨田 浩樹, Hiroyuki Ukida and Katsunobu Konishi : オプティカルフローと距離情報の統合による複数移動物体の追跡, 中国四国支部第38期総会·講演会講演論文集, Vol.No. 005-1, (号), 173-174, March 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.58, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004766.