『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25325)

EID=25325EID:25325, Map:0, LastModified:2014年10月29日(水) 14:30:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 田中 直樹 (読) たなか なおき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察,記述指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小西 克信
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 距離情報と明度情報を用いた固有空間法による3次元物体の認識   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 画像を用いて3次元物体を検出,認識する問題は,ロボットビジョンにおいて,重要な課題である.本研究では,3眼ステレオカメラによって得られる距離情報を用いて物体と背景を分離し,距離,明度情報の両方を用いて3次元物体の認識及び位置,姿勢の推定を行う方法をしめす.この方法によって,画像中の複数の物体の抜き出しと,照明光などの環境の変換に対してロバストな認識が可能になる.また,応用例として,カメラの周囲に存在する物体を示した環境マップを作成した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会.中国四国支部 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 中国四国支部第38期総会·講演会講演論文集 (読) ちゅうごくしこくしぶだい きそうかい こうえんかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): No. 005-1 [継承]
(必須):
(必須): 171 172 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2000年 3月 7日 (平成 12年 3月 7日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 田中 直樹, 浮田 浩行, 小西 克信 : 距離情報と明度情報を用いた固有空間法による3次元物体の認識, 中国四国支部第38期総会·講演会講演論文集, Vol.No. 005-1, (号), 171-172, 2000年3月.
欧文冊子 ● 田中 直樹, Hiroyuki Ukida and Katsunobu Konishi : 距離情報と明度情報を用いた固有空間法による3次元物体の認識, 中国四国支部第38期総会·講演会講演論文集, Vol.No. 005-1, (号), 171-172, March 2000.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.82, Max(EID) = 374948, Max(EOID) = 1004785.