『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=252864)

EID=252864EID:252864, Map:0, LastModified:2012年8月14日(火) 15:27:43, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西岡 安彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.木下 勝弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.西岡 安彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 岸 昌美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 竹﨑 彰夫 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.青野 純典 ([徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.先端医療創生科学講座.呼吸器・膠原病内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.東 桃代 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.感染制御部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.岸 潤
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.上原 久典 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.泉 啓介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.曽根 三郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) FAKシグナルの肺線維化における役割-ブレオマイシン肺線維症モデルでの検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 分子呼吸器病 ([株式会社 先端医学社])
(resolved by 1342-436X)
ISSN: 1342-436X (pISSN: 1342-436X)
Title: 分子呼吸器病
 (医中誌Web (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 15 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 124 127 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2011年 0月 初日 (平成 23年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 木下 勝弘, 西岡 安彦, 岸 昌美, 竹﨑 彰夫, 青野 純典, 東 桃代, 岸 潤, 上原 久典, 泉 啓介, 曽根 三郎 : FAKシグナルの肺線維化における役割-ブレオマイシン肺線維症モデルでの検討, 分子呼吸器病, Vol.15, No.1, 124-127, 2011年(0月).
欧文冊子 ● Katsuhiro Kinoshita, Yasuhiko Nishioka, 岸 昌美, 竹﨑 彰夫, Yoshinori Aono, Momoyo Azuma, Jun Kishi, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi and Saburo Sone : FAKシグナルの肺線維化における役割-ブレオマイシン肺線維症モデルでの検討, Respiratory Molecular Medicine, Vol.15, No.1, 124-127, (month)2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.92, Max(EID) = 376471, Max(EOID) = 1008250.