『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=25278)

EID=25278EID:25278, Map:0, LastModified:2016年12月21日(水) 14:31:46, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.清田 正徳
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.森岡 斎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Matsuyama Tomohiro (日) 松山 智洋 (読) まつやま ともひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 水-臭化リチウム系管内吸収に及ぼす管径の影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 外径が28mm,19.05mm,15mm,10mmの管を用いて実験を行った.膜レイノルズ数で5∼200の範囲である.蒸気吸収量は,15mm以上の管では,数値計算による予測と比較的よく一致するが,15mmより細い管では予測より小さくなることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Absorption Refrigeration (日) 吸収冷凍 (読) きゅうしゅうれいとう [継承]
2. (英) Pipe Inside (日) 管内 (読) かんない [継承]
3. (英) Absorption Rate (日) 吸収量 (読) きゅうしゅうりょう [継承]
4. (英) Heat Transfer Coefficient (日) 熱伝達率 (読) ねつでんたつりつ [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 日本伝熱学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第38回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (読) にほんでんねつしんぽじうむこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 1 [継承]
(必須):
(必須): 79 80 [継承]
都市 (必須): さいたま (Saitama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 5月 23日 (平成 13年 5月 23日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 清田 正徳, 森岡 斎, 松山 智洋 : 水-臭化リチウム系管内吸収に及ぼす管径の影響, 第38回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.1, (号), 79-80, 2001年5月.
欧文冊子 ● Masanori Kiyota, Itsuki Morioka and Tomohiro Matsuyama : 水-臭化リチウム系管内吸収に及ぼす管径の影響, 第38回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.1, (号), 79-80, May 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 366164, Max(EOID) = 980630.