『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=251209)

EID=251209EID:251209, Map:0, LastModified:2022年5月5日(木) 20:53:41, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.病院.歯科診療部門 (2003年10月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.病院.診療科.歯科.かみあわせ補綴科(第二補綴科) (2003年10月1日〜) [継承]
4.徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科 (2009年12月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.竹内 久裕
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石川 輝明
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.松本 文博
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.中野 雅德
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A hospital-based survey of TMD patients at Tokushima University Hospital  (日) 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査-男女比,年齢構成と受診期間-   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Objective: The purpose of this research was to clarify the characteristics of TMD patients at Tokushima University Hospital and to investigate the effects of clinical sampling bias. Materials and Methods: Recorded data of selected TMD patients (1,083 cases, average age 39.2±19.4, male : female=1 : 2.4) from the TMD report system in the digital chart system of the hospital and new patients of Tokushima University Hospital Dental Division (24,588 cases, average age 43.0±23.5, male : female=1 : 1.4) were analyzed in terms of the age distribution, the male to female ratio and the treatment period. Results: The male to female ratio of both groups was significantly different (chi-square test: p<0.001). The age distribution of TMD patients was bimodal. Peak age groups were 15-24 and 55-59 years old. In comparison with the new patients group, there were many TMD patients among the 15-34 year-old group, but few in the 60-84 year-old group. On the contrary, the age distributions were different from those of the general population in Tokushima prefecture (Population Census 2005, Ministry of Internal Affairs and Communications), particularly among the middle aged. This comparison indicated that the bimodal age distribution of TMD patients might reflect a sampling bias of the clinic-based sample. For example, the limited office hours for outpatient care of the university hospital might result in a socio-economic bias for working-age patients and cause an apparent bimodal distribution. Regarding treatment period, about 80% of patients completed regular outpatient treatment within 90 days and about 90% of patients completed it within 180 days. On the other hand, there were 52 cases (4.8% of 1,083 cases) who received outpatient treatment for more than 1 year. Conclusion: The characteristics of TMD patients at Tokushima University Hospital were investigated, including the effects of clinical sampling bias.  (日) 目的:徳島大学病院で使用している顎機能レポートシステム記録から受診患者の特徴と経過を把握し,さらに臨床サンプルにおけるバイアスの影響について検討を行うことを目的とした. 対象および方法:対象は徳島大学病院を顎関節症または関連疾患で受診し,顎機能レポートシステムに記録があり,なおかつ選択基準を満たした解析対象群1,083例(男女比1:2.4)と歯科診療部門をほぼ同期間に受診した一般初診患者群24,588例(男女比1:1.4)である.解析項目は年齢構成,男女比,受診期間などである. 結果および考察:解析対象群の年齢構成は15∼24歳と55∼59歳にピークのある二峰性を示した.一般初診患者群との比較では,解析対象群の15∼34歳が多い傾向を示す一方,60歳以上では少ない傾向を示し,男女比も有意に異なっていた(χ2検定:p<0.001).年齢分布については,一般住民の年齢構成(総務省「平成17年国勢調査」)に対し一般初診患者群,解析対象群とも青壮年層で少ない傾向を示し,大学病院受診患者というサンプリングバイアスが見かけ上の二峰性を生じさせていた可能性が考えられた.経過としては90日以内で約80%,180日以内で約90%が診療終了となる一方,通院1年以上の長期症例が約5%存在した. 結論:大学病院における顎関節症患者の特徴および経過について明らかにするとともに,サンプリングバイアスの影響について検討を行った.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 年齢分布 (読) [継承]
2. (英) (日) 男女比 (読) [継承]
3. (英) (日) 疫学調査 (読) [継承]
4. (英) (日) サンプルバイアス (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japanese Society for Temporomandibular Joint (日) 一般社団法人 日本顎関節学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 日本顎関節学会雑誌 ([日本顎関節学会])
(pISSN: 0915-3004, eISSN: 1884-4308)

ISSN (任意): 0915-3004
ISSN: 0915-3004 (pISSN: 0915-3004, eISSN: 1884-4308)
Title: Nihon Ago Kansetsu Gakkai Zasshi
Title(ISO): Nihon Ago Kansetsu Gakkai Zasshi
Supplier: 一般社団法人 日本顎関節学会
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 23 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 83 89 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2011年 8月 20日 (平成 23年 8月 20日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10029526521/ [継承]
DOI (任意): 10.11246/gakukansetsu.23.83    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
CRID (任意): 1390001204420730496 [継承]
NAID : 10029526521 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 竹内 久裕, 石川 輝明, 松本 文博, 田中 栄二, 中野 雅德 : 徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査-男女比,年齢構成と受診期間-, 日本顎関節学会雑誌, Vol.23, No.2, 83-89, 2011年.
欧文冊子 ● Hisahiro Takeuchi, Teruaki Ishikawa, Fumihiro Matsumoto, Eiji Tanaka and Masanori Nakano : A hospital-based survey of TMD patients at Tokushima University Hospital, Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Vol.23, No.2, 83-89, 2011.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.48, Max(EID) = 405270, Max(EOID) = 1099252.