『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=249300)

EID=249300EID:249300, Map:0, LastModified:2012年8月13日(月) 21:01:53, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[近藤 和也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.山本 洋太
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 森本 雅美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.後藤 正和 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.古北 由仁
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.武知 浩和
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.清家 純一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.丹黒 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 食道亜全摘術時に造設した腸瘻刺入部が要因と考えられる術後腸閉塞の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第67回日本消化器外科学会総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2012年 7月 18日 (平成 24年 7月 18日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山本 洋太, 森本 雅美, 後藤 正和, 古北 由仁, 武知 浩和, 清家 純一, 丹黒 章 : 食道亜全摘術時に造設した腸瘻刺入部が要因と考えられる術後腸閉塞の検討, 第67回日本消化器外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2012年7月.
欧文冊子 ● Yota Yamamoto, 森本 雅美, Masakazu Goto, Yoshihito Furukita, Hirokazu Takechi, Jun-ichi Seike and Akira Tangoku : 食道亜全摘術時に造設した腸瘻刺入部が要因と考えられる術後腸閉塞の検討, 第67回日本消化器外科学会総会, (巻), (号), (頁), July 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.37, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.