『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=248270)

EID=248270EID:248270, Map:0, LastModified:2012年6月11日(月) 09:42:03, Operator:[三輪 昌史], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[三輪 昌史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 株式会社 日刊工業新聞社 [継承]
メディア (必須): (英) http://www.robonable.jp/news/2012/06/me.tokushima-0608.html (日) ロボットポータル ロボナブル (読) [継承]
組織 (推奨): 1.エネルギー制御工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
報道対象 (必須): 1.三輪 昌史 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 徳島大,倒立振子型の飛行体を公開,ダクトファンを偏向して安定飛行   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部の三輪昌史講師らは,6月7日,8日開催の「第6回 地域防災防犯展」内の「RTマッチングプラザ」で,スラスタ(推進器)にダクトファンを用いた倒立振子型の飛行体(写真)を公開した.立乗り電動2輪車のように,機体の重心位置をスラスタの上方に配置した構成としており,搭載した2基のダクトファンを偏向することで姿勢制御を行う.実験を通じて,安定したホバリングが行えることを確認しており,垂直で離着陸できる特徴を生かすことで,狭隘な閉鎖空間での点検などの用途で活用することができる.三輪講師らは,画像処理による構造物のひび割れ検出の研究にも取り組んでおり[2],将来的には,これらを組み合わせることで橋梁など各種インフラの点検にも応用できると期待される.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 6月 8日 (平成 24年 6月 8日) [継承]
備考 (任意): 1.(英) http://www.robonable.jp/news/2012/06/me.tokushima-0608.html  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.00, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.