『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=246640)

EID=246640EID:246640, Map:0, LastModified:2012年4月7日(土) 08:28:21, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 社団法人 徳島新聞社 [継承]
メディア (必須): 徳島新聞 ([社団法人 徳島新聞社]) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]) [継承]
2.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
カテゴリ (必須): 社会貢献 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 地震・津波対策強化を   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 徳島大学環境防災研究センターが企業を対象として内閣府の南海トラフの巨大地震の新想定に関する解説会を開いた.センターが設置しているBCP研究部会の会員が対象で製造業,建設業など46団体から約80人が参加した.中野晋教授は「県北部は浸水域がさらに広がる可能性が強い.吉野川に入り込んだ津波が河口から6km地点で堤防を越える恐れもある.揺れ,津波対策ともにレベルアップが必要だ」と訴えた.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 4月 7日 (平成 24年 4月 7日) [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) 朝刊32面(社会面)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.58, Max(EID) = 375368, Max(EOID) = 1006010.