『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=24656)

EID=24656EID:24656, Map:0, LastModified:2005年2月25日(金) 15:43:12, Operator:[長尾 文明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意): (英)   (日) 総括,計画,実験,解析,考察,執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.野田 稔
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 地形因子解析に基づく局所強風の予測に関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 局所風況特性を精度よく推定するために,単純地形周りの風況特性の詳細な検討を実施するとともに,上空風と地上風の相関性等にも検討を加え,これらの要素を考慮して,地形因子解析を実施することが重要であることが明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 平成12年度∼平成13科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 (読) かがくけんきゅうひほじょきんきばんけんきゅうびーにけんきゅうせいかほうこくしょ
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 1 71 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2002年 3月 31日 (平成 14年 3月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 長尾 文明, 宇都宮 英彦, 野田 稔 : 地形因子解析に基づく局所強風の予測に関する研究, 平成12年度∼平成13科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, (巻), (号), 1-71, 2002年3月.
欧文冊子 ● Fumiaki Nagao, Hidehiko Utsunomiya and Minoru Noda : 地形因子解析に基づく局所強風の予測に関する研究, 平成12年度∼平成13科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, (巻), (号), 1-71, March 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 375726, Max(EOID) = 1006734.