『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=24644)

EID=24644EID:24644, Map:0, LastModified:2005年5月18日(水) 12:42:57, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都宮 英彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長尾 文明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.野田 稔
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Tanaka Nobuya (日) 田中 伸也 (読) たなか のぶや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Watanabe Koji (日) 渡辺 浩司 (読) わたなべ こうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yoshida Junichi (日) 吉田 純一 (読) よしだ じゅんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 渦点法における循環密度を用いた剥離のモデル化   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本風工学会 [継承]
誌名 (必須): 日本風工学会誌 ([日本風工学会])
(resolved by 0912-1935)
ISSN: 0912-1935 (pISSN: 0912-1935, eISSN: 1883-8413)
Title: 日本風工学会誌
Supplier: 一般社団法人 日本風工学会
Publisher: Japan Association for Wind Engineering
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1883-8413)
ISSN: 0912-1935 (pISSN: 0912-1935, eISSN: 1883-8413)
Title: 日本風工学会誌
Supplier: 一般社団法人 日本風工学会
Publisher: Japan Association for Wind Engineering
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 79 [継承]
(必須): 189 190 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1999年 4月 1日 (平成 11年 4月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 宇都宮 英彦, 長尾 文明, 野田 稔, 田中 伸也, 渡辺 浩司, 吉田 純一 : 渦点法における循環密度を用いた剥離のモデル化, 日本風工学会誌, (巻), No.79, 189-190, 1999年4月.
欧文冊子 ● Hidehiko Utsunomiya, Fumiaki Nagao, Minoru Noda, Nobuya Tanaka, Koji Watanabe and Junichi Yoshida : 渦点法における循環密度を用いた剥離のモデル化, Wind Engineers, JAWE, (巻), No.79, 189-190, April 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.86, Max(EID) = 375446, Max(EOID) = 1006195.