『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=245405)

EID=245405EID:245405, Map:0, LastModified:2018年2月13日(火) 14:56:08, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.先端基礎医学教育研究プロジェクト (2005年1月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.神経情報医学部門.情報統合医学講座.顕微解剖学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Awaad Aziz (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中村 教泰
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.石村 和敬
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Imaging of size dependent uptake and identification of novel pathway in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): (英) Maui (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2011年 12月 20日 (平成 23年 12月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Aziz Awaad, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Imaging of size dependent uptake and identification of novel pathway in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.
欧文冊子 ● Aziz Awaad, Michihiro Nakamura and Kazunori Ishimura : Imaging of size dependent uptake and identification of novel pathway in mouse Peyer's patches using fluorescent organosilica particles, The 11th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems Conference, Maui, Dec. 2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.87, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.