『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=24264)

EID=24264EID:24264, Map:0, LastModified:2005年3月17日(木) 17:30:17, Operator:[今井 仁司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[竹内 敏己], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.工学基礎教育センター.工学基礎講座 [継承]
著者 (必須): 1.今井 仁司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.竹内 敏己 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理解析分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理解析講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) SOME ADVANCED APPLICATIONS OF THE SPECTRAL COLLOCATION METHOD  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,離散化手法であるスペクトル選点法の先端的な応用例をいくつか紹介した. その中でも,特に, 直接的な数値計算ができない例として辞典などでとりあげられているFredholm型の積分方程式に対して, スペクトル選点法用いた直接的数値計算法を提案した. 実際の数値計算では,多倍長演算を併用して, 直接的な数値計算が確かにできていることを示した. スペクトル選点法は任意次数の離散化手法であり,これと多倍長演算を併用する手法は, 我々が番号42の論文で名付けた「無限精度数値シミュレーション」そのものである. すなわち,無限精度数値シミュレーションによって, いままで不可能と思われてきたFredholm型の積分方程式の直接数値計算を可能にした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 17 [継承]
(必須):
(必須): 323 335 [継承]
都市 (任意): (英) Poland (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 4月 1日 (平成 13年 4月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi : SOME ADVANCED APPLICATIONS OF THE SPECTRAL COLLOCATION METHOD, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.17, (号), 323-335, 2001.
欧文冊子 ● Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi : SOME ADVANCED APPLICATIONS OF THE SPECTRAL COLLOCATION METHOD, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.17, (号), 323-335, 2001.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 1.71, Max(EID) = 359809, Max(EOID) = 963812.