『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=241893)

EID=241893EID:241893, Map:0, LastModified:2011年11月2日(水) 14:29:51, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[近藤 和也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 梶浦 耕一郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.先山 正二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.鳥羽 博明 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 森本 雅美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 湊 拓也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 後藤 正和 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.古北 由仁
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.山本 洋太
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.川上 行奎 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域外科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.中川 靖士
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.吉田 光輝 ([徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.滝沢 宏光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.監﨑 孝一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.近藤 和也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.丹黒 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 3回にわたる頚部縦隔胸腔ドレナージ術施行し救命しえた降下性壊死性縦隔炎の1例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第73回日本臨床外科学会総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2011年 11月 17日 (平成 23年 11月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 梶浦 耕一郎, 先山 正二, 鳥羽 博明, 森本 雅美, 湊 拓也, 後藤 正和, 古北 由仁, 山本 洋太, 川上 行奎, 中川 靖士, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 監﨑 孝一郎, 近藤 和也, 丹黒 章 : 3回にわたる頚部縦隔胸腔ドレナージ術施行し救命しえた降下性壊死性縦隔炎の1例, 第73回日本臨床外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2011年11月.
欧文冊子 ● 梶浦 耕一郎, Shoji Sakiyama, Hiroaki Toba, 森本 雅美, 湊 拓也, 後藤 正和, Yoshihito Furukita, Yota Yamamoto, Yukikiyo Kawakami, Yasushi Nakagawa, Mitsuteru Yoshida, Hiromitsu Takizawa, Koichiro Kenzaki, Kazuya Kondo and Akira Tangoku : 3回にわたる頚部縦隔胸腔ドレナージ術施行し救命しえた降下性壊死性縦隔炎の1例, 第73回日本臨床外科学会総会, (巻), (号), (頁), Nov. 2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.50, Max(EID) = 362815, Max(EOID) = 970872.