『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=238794)

EID=238794EID:238794, Map:0, LastModified:2012年9月18日(火) 19:50:23, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Takamasa Akiyama (日) 秋山 孝正 (読) あきやま たかまさ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Applicability of Fuzzy Inflow Control for Urban Expressway with Knowledge Acquisition  (日) 都市高速道路の知識利用型ファジィ流入制御に関する適用性の検証   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Advanced traffic controller for urban expressway would be recommended corresponding to the recent progress of information technologies as well as soft-computing. On the other hand, it has summarized as significant results of researches that the essential traffic control for urban expressway can be discussed based on the fuzzy control formulations. The flexible and robust traffic controller can be created with the formulation of fuzzy logic. The optimization of parameters for efficient traffic controller can be performed by genetic algorithm as well. The fuzzy traffic controller is evaluated through the estimation of practical condition with a traffic accident by the traffic simulation for urban expressway in the study. The rules for the fuzzy control can be updated with the knowledge about traffic control for accident, as the structure of fuzzy control is flexible. The fuzzy controller for traffic accident condition is applied and evaluated with the traffic simulation. The advanced inflow controller provides the efficient traffic on the urban expressway even with the complexity even in the real world. Finally, it would be confirmed that the fuzzy control with knowledge acquisition is effective as traffic control for urban expressway.  (日) 都市高速道路における交通制御方法は,近年の各種情報技術の進展に伴って,流入台数の高度な調整方法の適用が可能となってきている.また,既往研究では,都市高速道路における流入制御に関して,各種流入制御方式に含まれる経験的知識の実用的利用方法が検討され,ファジィ制御として定式化されている.さらに,流入台数の高度な調整方法に対応するために,各種制御パラメータの最適設定に GA が適用され,実証的データを利用した高度な適用性を持つファジィ流入制御モデルの構築手順が示されている.本研究では,多様な制御要因への現実的対応の面から,ファジィ流入制御の適用性を検証する.具体的には,日常的な交通集中渋滞に対応するために開発されたファジィ流入制御モデルを,交通事故発生時の交通制御に適用し,その転用性を検証する.また,交通事故発生時における交通制御に関する知識獲得を行い,ファジィ制御の柔軟性を生かして,既存の制御ルールを更新する.この交通事故発生時に対応したファジィ流入制御モデルの制御効果を検証する.これより,ファジィ流入制御の実用面からの適用性の向上を図るとともに,これからの都市高速道路の流入制御方式の方向性として知識獲得型ファジィ制御の有用性が示される.   [継承]
キーワード (推奨): 1.ファジィ推論 (fuzzy reasoning) [継承]
2.遺伝的アルゴリズム (genetic algorithm) [継承]
3.制御 (control) [継承]
4.シミュレーション (simulation) [継承]
5.交通工学 (transportation engineering) [継承]
発行所 (推奨): (英) Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics (日) 日本知能情報ファジィ学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会)
(pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)

ISSN (任意): 1347-7986
ISSN: 1347-7986 (pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
Title: 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌
Supplier: 日本知能情報ファジィ学会
Publisher: Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 23 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 117 126 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2011年 8月 15日 (平成 23年 8月 15日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10029335932/ [継承]
DOI (任意): 10.3156/jsoft.23.491    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10029335932 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 都市高速道路の知識利用型ファジィ流入制御に関する適用性の検証, 知能と情報, Vol.23, No.4, 117-126, 2011年.
欧文冊子 ● Masashi Okushima and Akiyama Takamasa : Applicability of Fuzzy Inflow Control for Urban Expressway with Knowledge Acquisition, Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, Vol.23, No.4, 117-126, 2011.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.65, Max(EID) = 376476, Max(EOID) = 1008268.