『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23843)

EID=23843EID:23843, Map:0, LastModified:2005年3月15日(火) 16:09:15, Operator:[富永 喜久雄], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[川上 烈生], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Mori Ichiro (日) 森 一郎 (読) もり いちろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Morimoto Toshifumi (日) 森本 敏文 (読) もりもと としふみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.川上 烈生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Coherent Structure Emitted by an Electron Beam in a Beam-Plasma System  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ビームプラズマ系で大振幅の高域混成波(ソリトン)が実験により発見された.キャリア周波数が約400MHzのコヒーレントな移送がHP-54542A-Ghzのシンクロスコープによって確認された.同時に,繰り込み法により,電子ビームにより作られる孤立波を記述することに理論的に成功した.そのなかで,応答の遅いイオンの存在が,電子ビームから波束かを放出することに必要であった.理論と実験の一致は良い.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of International Conference on Phenomena in Ionized Gases (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 266 267 [継承]
都市 (必須): (英) Toulouse (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 7月 1日 (平成 9年 7月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ichiro Mori, Toshifumi Morimoto, Retsuo Kawakami and Kikuo Tominaga : Coherent Structure Emitted by an Electron Beam in a Beam-Plasma System, Proceedings of International Conference on Phenomena in Ionized Gases, (巻), (号), 266-267, Toulouse, July 1997.
欧文冊子 ● Ichiro Mori, Toshifumi Morimoto, Retsuo Kawakami and Kikuo Tominaga : Coherent Structure Emitted by an Electron Beam in a Beam-Plasma System, Proceedings of International Conference on Phenomena in Ionized Gases, (巻), (号), 266-267, Toulouse, July 1997.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.59, Max(EID) = 360910, Max(EOID) = 966629.