『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=236377)

EID=236377EID:236377, Map:0, LastModified:2017年3月6日(月) 15:28:18, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.糖尿病対策センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.四釜 洋介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) とう 雪 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 島内 英俊 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 高田 春比古 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 菅原 俊二 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 遠藤 康男 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) Muramyl-dipeptideによるマウス組織におけるIL-1βの産生:エンドトキシンショック増強効果との関連性   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) Interleukin 1 (日) (読) [継承]
2. (英) Lipopolysaccharides (日) (読) [継承]
3. (英) Peptidoglycan (日) (読) [継承]
4. (英) (日) ショック (読) [継承]
5. (英) (日) 敗血症性 (読) [継承]
6. (英) (日) 実験的 (読) [継承]
7. (英) (日) 免疫学 (読) [継承]
8. (英) (日) BALB (読) [継承]
9. (英) (日) マウス (読) [継承]
10.動物 (animal) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 日本免疫学会総会·学術集会記録 ([日本免疫学会])
(pISSN: 0919-1984)

ISSN (任意): 0919-1984
ISSN: 0919-1984 (pISSN: 0919-1984)
Title: 日本免疫学会総会・学術集会記録
 (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 37 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 161 161 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2007年 0月 初日 (平成 19年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 四釜 洋介, とう 雪, 島内 英俊, 高田 春比古, 菅原 俊二, 遠藤 康男 : Muramyl-dipeptideによるマウス組織におけるIL-1βの産生:エンドトキシンショック増強効果との関連性, 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.37, 161, 2007年(0月).
欧文冊子 ● Yosuke Shikama, とう 雪, 島内 英俊, 高田 春比古, 菅原 俊二 and 遠藤 康男 : Muramyl-dipeptideによるマウス組織におけるIL-1βの産生:エンドトキシンショック増強効果との関連性, Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.37, 161, (month)2007.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.51, Max(EID) = 386243, Max(EOID) = 1047011.