『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23392)

EID=23392EID:23392, Map:0, LastModified:2005年3月9日(水) 19:08:36, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.名古屋工業大学 [継承]
2.徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座 [継承]
3.京都大学 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kitano Toshikazu (日) 北野 利一 (読) きたの としかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ohno,Yoshinori (日) 大野 嘉典 (読) おおの よしのり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Mase Hajime (日) 間瀬 肇 (読) ませ はじめ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 複素表現を用いた非線形不規則波の統計解析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 不規則波の個別解析法で従来から用いられているゼロクロス法の問題点を指摘し,複素水位変動表示を基本にした個々波の定義法や波の前後非対称性の指標について基礎理論を検討した.その結果を深海域から浅海域の条件までの水位変動データに適用した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 海岸工学論文集 ([社団法人 土木學會])
(resolved by 0916-7897)
ISSN: 0916-7897 (pISSN: 0916-7897, eISSN: 1884-8222)
Title: 海岸工学論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1884-8222)
ISSN: 0916-7897 (pISSN: 0916-7897, eISSN: 1884-8222)
Title: 海岸工学論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 44 [継承]
(必須):
(必須): 171 175 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 10月 20日 (平成 9年 10月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 北野 利一, 中野 晋, 大野 嘉典, 間瀬 肇 : 複素表現を用いた非線形不規則波の統計解析, 海岸工学論文集, Vol.44, (号), 171-175, 1997年.
欧文冊子 ● Toshikazu Kitano, Susumu Nakano, Yoshinori Ohno and Hajime Mase : 複素表現を用いた非線形不規則波の統計解析, Proceedings of Coastal Engineering, JSCE, Vol.44, (号), 171-175, 1997.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.41, Max(EID) = 393907, Max(EOID) = 1066977.