『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23253)

EID=23253EID:23253, Map:0, LastModified:2006年5月8日(月) 11:04:12, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.独立行政法人 放射線医学総合研究所 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Iizuka, M (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ando, K (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Aruga, T (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.古澤 佳也 ([独立行政法人 放射線医学総合研究所])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Itsukaichi, H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Fukutsu, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.永澤 秀子 (岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
役割 (任意): (英)   (日) 細胞内SH化合物及びグルタチオンの定量実験とその解析の実施と記述を担当.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Moriya, H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effiects of Reoxygenation on Repair of Potentially Lethal Radiation Damage in Cultured MG-63 Osteosarcoma Cells.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,放射線による潜在的致死損傷(PLD)の修復における再酸素化の影響について,ヒト骨肉腫MG-63細胞を用いて解析した.これにより,放射線照射後の再酸素化により,腫瘍細胞の生存率が増加することを始めて証明した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Radiation Research (Radiation Research Society)
(resolved by 0033-7587)
ISSN: 0033-7587 (pISSN: 0033-7587, eISSN: 1938-5404)
Title: Radiation research
Title(ISO): Radiat Res
Publisher: Radiation Research Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1938-5404)
ISSN: 0033-7587 (pISSN: 0033-7587, eISSN: 1938-5404)
Title: Radiation research
Title(ISO): Radiat Res
Publisher: Radiation Research Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 147 [継承]
(必須):
(必須): 179 184 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 4月 1日 (平成 9年 4月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● M Iizuka, K Ando, T Aruga, Yoshiya Furusawa, H. Itsukaichi, K. Fukutsu, Hideko Nagasawa and H. Moriya : Effiects of Reoxygenation on Repair of Potentially Lethal Radiation Damage in Cultured MG-63 Osteosarcoma Cells., Radiation Research, Vol.147, (号), 179-184, 1997.
欧文冊子 ● M Iizuka, K Ando, T Aruga, Yoshiya Furusawa, H. Itsukaichi, K. Fukutsu, Hideko Nagasawa and H. Moriya : Effiects of Reoxygenation on Repair of Potentially Lethal Radiation Damage in Cultured MG-63 Osteosarcoma Cells., Radiation Research, Vol.147, (号), 179-184, 1997.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 1.11, Max(EID) = 377636, Max(EOID) = 1010689.