『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23155)

EID=23155EID:23155, Map:0, LastModified:2005年2月28日(月) 10:33:12, Operator:[村上 仁士], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.建設工学専攻 (〜2011年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.建設工学専攻 (〜2011年3月31日) [継承]
4.徳島大学.工学部.建設工学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 細井 由彦 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.村上 仁士
役割 (任意): (英)   (日) 調査,総括指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意): (英)   (日) 調査および結論(3)に関する考察を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 山地 孝樹 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 徳島市内河川における底泥の堆積特性に関する調査研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 徳島市の新町川について,5年間の底質現地観測結果を行い,底質環境の良否の状況を判定した.(1)田宮川上流と沖の洲川では他の市内河川に比較して底質環境は良好であった.(2)市中心部の観測点では経年的には底質は改善傾向にある.(3)観測日前の21日間の相乗平均雨量の和を指標として,降雨の底質に及ぼす影響を調べたところ,この値が100mmを超えると,ほとんどの所で粗粒子化し,CODの低下が見られた.(4)常三島ポンプ場付近の大岡川の底質には経年的な変化は見られず,また雨量の影響も顕著ではなかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 徳島大学.工学部 [継承]
誌名 (必須): 徳島大学工学部研究報告 ([徳島大学.工学部])
(resolved by 0371-5949)
ISSN: 0371-5949 (pISSN: 0371-5949)
Title: 徳島大学工学部研究報告
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 37 [継承]
(必須):
(必須): 1 12 [継承]
都市 (任意): (英) (日) 徳島 (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1992年 3月 1日 (平成 4年 3月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 細井 由彦, 村上 仁士, 上月 康則, 山地 孝樹 : 徳島市内河川における底泥の堆積特性に関する調査研究, 徳島大学工学部研究報告, Vol.37, (号), 1-12, 1992年.
欧文冊子 ● 細井 由彦, Hitoshi Murakami, Yasunori Kozuki and 山地 孝樹 : 徳島市内河川における底泥の堆積特性に関する調査研究, Bulletin of Faculty of Engineering, The University of Tokushima, Vol.37, (号), 1-12, 1992.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.14, Max(EID) = 382798, Max(EOID) = 1022439.