『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23151)

EID=23151EID:23151, Map:0, LastModified:2005年3月21日(月) 11:04:23, Operator:[鎌田 磨人], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[鎌田 磨人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座 [継承]
2.広島大学 [継承]
著者 (必須): 1.鎌田 磨人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nakagoshi Nobukazu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Influence of cultural factors on landscape of mountainous farm villages in western Japan  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 徳島県東祖谷山村と広島県比和町の2つの山間農村で景観構造の変化を明らかにし,伝統的土地利用の変化と景観構造の変化との関連性を検討した.1950年代までは,農業的土地利用が景観の不均一性を生み出す最も大きな要因であった.肥料として利用するための採草が両地域で広く行われ,加えて,東祖谷山村では焼畑も行われていた.過疎化の進行等,社会的な変化に伴い,1960年代以降,こうした土地利用ほとんど行われなくなっている.草地や焼畑地の一部にはスギ·ヒノキといった針葉樹が植林され,それ以外の部分は利用が完全に放棄され,遷移によって落葉広葉樹林となった.現在では,針葉樹植林と広葉樹林から成るモザイク景観が成立している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Landscape and Urban Planning (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 37 [継承]
(必須):
(必須): 85 90 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 12月 1日 (平成 9年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Influence of cultural factors on landscape of mountainous farm villages in western Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.37, (号), 85-90, 1997.
欧文冊子 ● Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Influence of cultural factors on landscape of mountainous farm villages in western Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.37, (号), 85-90, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.73, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.