『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23149)

EID=23149EID:23149, Map:0, LastModified:2005年3月21日(月) 06:06:42, Operator:[鎌田 磨人], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[鎌田 磨人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.建設工学科.社会システム工学講座 [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
4.(株)建設材料試験所 [継承]
5.大阪府立大学 [継承]
著者 (必須): 1.鎌田 磨人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.山中 英生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 澤田 俊明 (読) さわだ としあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 福田 珠巳 (読) ふくだ たまみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 棚田保全をめざした研究のフレームワーク   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 棚田のような二次的自然の保全を具体的に考えようとする時には,生態学だけでは十分ではない.棚田等の二次的自然は,地域の中での生活の場でもあるので,その保全を図るためにも,地域の人々が棚田を利用しながら生活を営んでいけることが必要だからである.生態学の中でキーワードとなった生物多様性を,二次的自然の中で維持していくためには,景観計画,工学,能楽,そして歴史や社会学,人類学,民俗学等の研究者との共同研究を推進していく必要があり,それが,今後の景観生態学で展開すべき方向でもある.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 国際景観生態学会日本支部 (読) こくさいけいかんせいたいがっかいにほんしぶ [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 国際景観生態学会日本支部会報 (読) こくさいけいかんせいたいがっかいにほんしぶかいほう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 3 [継承]
(必須):
(必須): 1 3 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 8月 12日 (平成 9年 8月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 鎌田 磨人, 山中 英生, 上月 康則, 澤田 俊明, 福田 珠巳 : 棚田保全をめざした研究のフレームワーク, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.3, (号), 1-3, 1997年.
欧文冊子 ● Mahito Kamada, Hideo Yamanaka, Yasunori Kozuki, 澤田 俊明 and 福田 珠巳 : 棚田保全をめざした研究のフレームワーク, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.3, (号), 1-3, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.80, Max(EID) = 376460, Max(EOID) = 1008233.