『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=23140)

EID=23140EID:23140, Map:0, LastModified:2018年12月7日(金) 20:44:30, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.阿南工業高等専門学校 [継承]
2.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座 [継承]
3.阿南工業高等専門学校 [継承]
著者 (必須): 1.岡部 洋
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Fujimoto Emiko (日) 藤本 恵実子 (読) ふじもと えみこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Equivalent Distributed Circuits for Bioimpedance of Nonuniform Tissue and their Characteristics  (日) 組織の非一様性を考慮した生体インピーダンスの等価分布回路とその特性   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ベータ分散領域における生体インピーダンスは組織生理機能に関する有用な情報を提供する. ところで実際の組織は, 機能的に同一の組織であっても, 細胞の密度, 形状, 大きさ, 位置などの変動による空間的な非一様性が存在する. 通常この非一様性はCole-Cole則で代表されるように, 緩和時間の確率分布で取り扱われるが, その結果は必ずしも実測インピーダンスと一致しない. ここでは細胞外液および内液抵抗, 形質膜容量を要素とする回路からなる空間分布回路を用いた. これらの要素がガンマ分布に従うものとして等価インピーダンスを計算し, その周波数軌跡の形状を求めた. その結果, インピーダンス軌跡は回路構造にさほど依存せず, 要素の平均値, 分散のような統計量によって支配され, 1次元並列回路の特性で代表されることがわかった. この結果を測定データに適用したところ, 振幅特性, 位相特性とも実測値とよく一致することがわかった. 従って, 本等価回路はベータ分散領域における組織の等価電気特性を表現するのに有用であると思われる. また実測データから推定される統計量は組織の非一様性の定量的評価に利用できるものと考えられる.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 生体インピーダンス (読) [継承]
2. (英) (日) インピーダンス軌跡 (読) [継承]
3. (英) (日) 生体組織 (読) [継承]
4. (英) (日) 等価回路 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (日) 一般社団法人電子情報通信学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会論文誌(D-II) ([電子情報通信学会])
(pISSN: 0915-1923)

ISSN (任意): 0915-1923
ISSN: 0915-1923 (pISSN: 0915-1923)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): J80-D [継承]
(必須): 7 [継承]
(必須): 1947 1954 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 7月 1日 (平成 9年 7月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110003227039/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110003227039 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 岡部 洋, 藤本 恵実子, 木内 陽介 : 組織の非一様性を考慮した生体インピーダンスの等価分布回路とその特性, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J80-D, No.7, 1947-1954, 1997年.
欧文冊子 ● Hirosi Okabe, Emiko Fujimoto and Yohsuke Kinouchi : Equivalent Distributed Circuits for Bioimpedance of Nonuniform Tissue and their Characteristics, The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers D-II, Vol.J80-D, No.7, 1947-1954, 1997.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 5.34, Max(EID) = 382208, Max(EOID) = 1020963.