『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=231138)

EID=231138EID:231138, Map:0, LastModified:2012年8月29日(水) 14:41:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松山 美和], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.築山 美和 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔機能管理学]/->個人[松山 美和])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Koyano Kiyoshi (日) 古谷野 潔 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tsukiyama Yoshihiro (日) 築山 能大 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Mizuno Mikio (日) 水野 幹生 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Suetsugu Tsuneo (日) 末次 恒夫 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Study on 3-dimentional Condylar Movements in Lateral Mandibular Movements : Part1. A New Condylar Reference Point for Analysis of Lateral Mandibular Movements  (日) 側方運動における顆頭部三次元動態に関する研究 : 第1報 側方運動解析のための新しい顆頭部基準点について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) We researched the point on kinematic axis which had a minimal range of motion in lateral excursive movements. We called that lateral condylar reference point (LCR point). We studied the range of motion, the relative position to the arbitrary point and to the morpho-logical center of the condyle of the following 4 points : kinematic axis point, hinge axis point, cross point and LCR point. 1. The ranze of motion of the LCR noint was O.47 mm (anteroposterior), O.79 mm (lateral), 0.74 mm (vertical) and 0.90 mm (3-D). It was the smallest among the 4 points. 2. The LCR point was located 1.31 rum medial to the morphological center of the condyle. 3. The LCR point was located 3.62 mm anteriorly, 24.18 mm medially and 4. 57 mm superiorly to the arbitrary point. Therefore, the LCR point is a suitable analysing point on the condyle in lateral mandibular nxovements.  (日) 側方運動を作業側顆路をも含めて解析するためには,再現性が高く,運動に際して安定した経路をとる基準点を,解析点として選ぶ必要がある. そこで,著者らは本論文において,側方運動解析のための新たな基準点を検索することを目的とした.側方滑走運動時,作業側顆頭付近の全運動軸上に,3次元的最小可動点を求めた.そして,この解析点の運動量,可動範囲および位置を,従来用いられてきた各種顆頭部解析点と比較した結果,この解析点は側方運動解析のための基準点となりうると考えられた.著者らはこれを,側方顆路基準点と命名した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) mandibular movement (日) (読) [継承]
2. (英) 3-D movement (日) (読) [継承]
3. (英) lateral mandibular movement (日) (読) [継承]
4. (英) lateral condylar reference point (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japan Prosthodontic Society (日) 社団法人日本補綴歯科学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 日本補綴歯科学会雑誌 ([日本補綴歯科学会])
(pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)

ISSN (任意): 0389-5386
ISSN: 0389-5386 (pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
Title: Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人日本補綴歯科学会
Publisher: Nihon Hotetsu shika Gakkai/Japan Prosthodontic Society
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 37 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 159 171 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1993年 2月 1日 (平成 5年 2月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110003856375/ [継承]
DOI (任意): 10.2186/jjps.37.159    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 110003856375 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 築山 美和, 古谷野 潔, 築山 能大, 水野 幹生, 末次 恒夫 : 側方運動における顆頭部三次元動態に関する研究 : 第1報 側方運動解析のための新しい顆頭部基準点について, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.37, No.1, 159-171, 1993年.
欧文冊子 ● Miwa Tsukiyama, Kiyoshi Koyano, Yoshihiro Tsukiyama, Mikio Mizuno and Tsuneo Suetsugu : A Study on 3-dimentional Condylar Movements in Lateral Mandibular Movements : Part1. A New Condylar Reference Point for Analysis of Lateral Mandibular Movements, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.37, No.1, 159-171, 1993.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.41, Max(EID) = 382747, Max(EOID) = 1022227.