『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=230258)

EID=230258EID:230258, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:58:41, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山本 真由美], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 社会貢献 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.山本 真由美 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The contact system between learning support volunteers and the teachers of schools at special needs education -from the position of coordinator of special needs education-  (日) 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について ∼特別支援コーディネータの立場から∼   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) Six years have passed since we started the project to dispatch learning support volunteer students to elementary and middle schools as part of its assistance to special education in Tokushima Prefecture and Tokushima city. In this report we investigated the problem of the contact system between learning support volunteers and school teachers.The method was a questionnaire.The participants were special education coordinators. The results obtained were as follows: Half of them gave guidance to the students. They thought that a valid guidance to learning support volunteers students was having discussion with them,but meeting time fell short because of the many activities of special education coordinators.Tables to contact and record proved useful as supplementary means.徳島市,徳島県の特別支援教育への支援事業の一環として大学生を学習支援ボランティアとして小学校や中学校に派遣する事業を開始して6年目を迎えている.その中で,特に両者の連絡体制に課題があることが判明してきた.本調査では,ボランティア学生と派遣校とのパイプ役であることが多い特別支援教育コーディネータを対象として質問紙調査を実施し,ボランティア学生との連絡体制,支援体制についての問題点と解決方法について明らかにすることを目的とした.次の結果が得られた.ボランティア学生の指導を行っているコーディネータは約半数であった.ボランティア学生への指導はボランティア学生との話し合いが有効と考えているが,コーディネータの業務が多く,打ち合わせ時間が不足している.連絡記録表はその補助手段として有効である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Special needs education, Learning support volunteers, Coordinator of special needs educatuin, Contact system, Table o contact and record (日) 特別支援教育,学習支援ボランティア,特別支援教育コーディネータ,連絡体制,連絡記録表 (読) [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学 [継承]
誌名 (必須): 大学教育研究ジャーナル ([徳島大学])
(pISSN: 1881-1256)

ISSN (任意): 1881-1256 [継承]
[継承]
(必須): 0 [継承]
(必須): 8 [継承]
(必須): 113 121 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2011年 3月 末日 (平成 23年 3月 末日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110008439088/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110008439088 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 82993 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について ∼特別支援コーディネータの立場から∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.0, No.8, 113-121, 2011年.
欧文冊子 ● Mayumi YAMAMOTO : The contact system between learning support volunteers and the teachers of schools at special needs education -from the position of coordinator of special needs education-, Journal of University Education Research, Vol.0, No.8, 113-121, 2011.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 1.43, Max(EID) = 383934, Max(EOID) = 1026851.